弾性ストッキングは重要なアイテム

下肢静脈瘤の治療後のケア、むくみ対策に欠かせないのが弾性ストッキングです。
弾性ストッキングでふくらんでしまった血管を抑え、静脈の還流を促進させることを圧迫療法と言います。
市販されているストッキングの中には、締め付けが強いのが特徴なものも多いです。
しかし、ケアや予防のために着用するのなら医療用弾性ストッキングでないといけません。
最大限効果を得るには、自分の足に合ったサイズのものをはくことが重要になります。
サイズが合っていないと逆効果になるので注意しましょう。
足首とふくらはぎの太さ、股下などをきちんと計測し、試着して選ぶことです。
最近はインターネットでも購入できるようになりました。
しかし、初めて購入する場合は、血管外科や下肢静脈瘤を専門とする医療機関に相談するのがおすすめです。
弾性ストッキングは、基本的に就寝中ははく必要はありませんが、レーザー治療後しばらくの間は就寝中でも着用が義務付けられます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Copyright© 医療 All Rights Reserved.